ヤマトヒューマン オーモテックアップライトバイクについて

オーモテックアップライトバイク|ヤマトヒューマン

ヤマトヒューマンのオーモテックアップライトバイクの機能や性能、特徴などをまとめてあります。

ヤマトヒューマン オーモテックアップライトバイク

ヤマトヒューマンオーモテックアップライトバイク 本体サイズ
幅×奥行×高さ
65×103×128
重量 約37kg
サドル高さ
(段/ピッチ)
770〜1050mm
(10/30mm)
サドル前後調節
ハンドル角度調節
ハンドル高さ調節
制限体重 100kg
連続使用時間 60分
使用電源 コンセント
負荷調節 過電流制御方式
表示項目 時間
距離
速度
カロリー
心拍数プログラム
パーソナルプログラム
ワットコントロール
リカバリ測定機能
BMI測定
体脂肪測定
センサー グリップセンサー
組立 必要

アップライト+リカンベント対応エアロバイク

最大の特徴は通常のアップライトタイプのエアロバイク+リカンベントにも対応した作りになっている点でしょう。

リカンベントタイプは体への負担を分散できるため長時間での運動も行いやすく、女性や高齢者の体作りやリハビリにも効果的です。

しかし、リカンベントタイプを売りにしている割にはサドルの前後位置が変えられないなど出来としては今ひとつの印象です。どうしても取って付けただけの印象が強いです。

価格も業務用に対応と言うことで家庭用としては高額な部類に入ります。

全体的に少し中途半端なモデルと言えます。

プログラムや負荷調整機能は充実しています。
12種類の負荷プログラム、4種類の脈拍プログラム、パーソナルプログム、ワットコントロールプログラムなど充実したプログラム機能に加え、BMI測定や体脂肪測定なども行えるため目標を設定し、楽しく運動に取り組めます。

また、最大で5人まで登録可能なユーザー管理機能によって家族で使う場合でもそれぞれのデータを分けて記録することができ、運動データの管理が簡単です。

9kgの大型フライホイールを内蔵したマグネット式の負荷は最大で16段階の調節が可能です。

36kgと少し重量のあるエアロバイクですがフロント部分に移動用キャスターがついているため簡単な移動であれば女性一人でも行えます。

一応アップライト+リカンベント対応なため、背もたれを利用して楽に運動したい方、本を読みながら運動したい方にとっては使いやすいエアロバイクと言えるでしょう。

このページの先頭へ